スポンサードリンク

社会保険料控除

社会保険控除とは社会保険を支払った金額が控除されるものです。
生活に最低限必要な社会保険には税金をかけないという特例なのです。
社会保険とは国民年金や国民健康保険、厚生年金、健康保険など誰でも納付を行っているものです。
また、この社会保険控除は生計を共にしている家族の分も一緒に申告する事ができます。
サラリーマンの人では、給料から社会保険料が天引きされますが、この同等の額が控除額となり、特に特別な申告を行う必要はありません。
しかし、会社を通して納付していない社会保険料があった場合は別途会社に申告する必要があります。
例えば、途中で会社を辞めてその間自分で払っていた国民年金や国民健康保険料などが含まれます。

納付し忘れていた社会保険があれば納付した年に控除の対象とする事ができます。
また、1年以内のものであれば来年の保険料を支払ってもその年に控除できます。
社会保険の控除を利用する為には、サラリーマンであれば会社に金額を提示するだけでよかったのですが、平成17年の改正により国民年金に限り証明書の提出が必要となりました。
自営業の人は他の控除と一緒に確定申告の時期に一緒に行います。
個人事業主の人は国民年金や国民健康保険に加入しているので、その支払った分の社会保険控除証明書を確認してください。
金額が分からない場合や書類が届かない場合は、市町村役場などに相談に行くと良いでしょう。支払った金額全てが控除の対象となるので節税対策には大切なものです。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline